IMG_5689

台北でちょっと変わったレジャーと言えばエビ釣り。
エビ釣り場が、故宮博物館の近くに何軒か集中しています。

IMG_9424

今回はその中にある一つに行って来ました。たまたまここを利用しましたが、他のお店でもまあ似たり寄ったりかと思われます。どこもタイのタイガーエビを使った釣り堀となっていますが、最近では他のお魚の釣り堀もあるようです。



至善釣蝦場
トリップアドバイザーの紹介ページへ

中に入ったら受付があるので、まず必要な釣竿の数と時間を言います。このお店では、1時間単位で申し込みできました。1時間なんて長い!って思うかもしれませんが、始まると集中して大抵延長して2時間とかになってしまいますが、現地の方達は多分もっともっと長くいる模様。マイ釣竿を持参しているツワモノもいますが、同じ料金で釣竿と餌が付いて来ます。餌は小さな乾燥エビとレバー。共食いするんですねぇ。
IMG_5326

釣竿に針は2つ付いているので、この小エビと小さく切ったレバーを付けてあとはひたすら待ちます。釣り方がわからないとお店のスタッフが手伝ってくれます。我が家はもうすでに見た瞬間に素人である事がわかるのか、結構最初はつきっきりで見てくれましたw 私たちには何も見えないのですが、スタッフはほぼ動いていない釣竿を見ただけでエビが釣れているかどうかがわかるようでびっくり。
IMG_2908 2

ひたすら待ちます。私はビールを飲みながらひたすら待ちました。こちら、トイレはありますが、女子は人によっては使いたくないと思うかも。私もあまり使いたくないのでビールは1缶で我慢w
IMG_2808

なんやかんやで合計16匹釣れました!獲ったどー!の写真も撮りましたが、顔出しNGなので。
獲ったエビはお持ち帰りもできますが、大抵はその場で調理でしょう。受付にはメニューもあるのですが、そこからエビ以外のお食事を注文することもできます。写真は受付。
IMG_5443

私たちはランチの後に行ったので、エビのみを自分たちで調理することに。
洗い場があるのでまずエビをよく洗い
IMG_7822


1本ずつ塩をまぶして串を刺します。
IMG_5336

そしてこちらのグリルで焼いていきます。片面5分とかだったかな。
IMG_0668 2

出来上がりー♪
できたての新鮮なエビは本当に美味しいですよ!是非試していただきたいです!
ただこれ、自分で生きているエビをさばくので、苦手な人もいるかもしれませんね(私も全部相方に任せましたよ)。その場合は、セイロでニンニクがたっぷりのっかった蒸しエビにして食べているお客様もいましたよ。その場合はスタッフが調理してくれます。
IMG_8132

エビ釣り場の目の前はこんな自然。台北もちょっと市街を離れると緑が多いです。
IMG_9991

日本でもエビ釣りはなかなか聞いた事がないちょっと珍しい釣堀だと思います。機会があったらぜひお試しください♪